読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠れない夜に。

関ジャニ∞(の白い人)に恋をした盲目拗らせオタクのひとりごと。兼ジャニオタの家計簿代わりブログ。

いつの日かみんなで話そう【関ジャニ∞の元気が出るLIVE】

続き

 

キングオブ男

まだわかない実感とともに、いつもと違う立ち位置に戸惑っていた、と思う。断片的にしか思い出せないけど。わたしはもともとひたすら自担ばかりを追いかけるタイプで、この公演も、例外なく横山さんを追いかけていた。大倉くんの衣装を着た、横山さんを。いつもより少し必死になる横山さん、大倉くんの穴を埋めようと少し無理をする横山さん、ただただ泣けてしまった。にしても、横山さん、大倉くんの衣装が似合わない。デザイナーさんってちゃんとそれぞれに合わせて作ってたんだなあって。安くんと村上くんが向かい合って掴み合うと、一瞬ざわっとした会場、嫌でもところどころで思い知らされる欠けた穴。私たちの動揺を感じ取ってなのか、最初っから決めていたのか、次の亮ちゃんは「愛するぼくらのためだけ」と、続くすばるくんも「愛する大倉のゆめ」そう歌って笑いながら手を掴む2人はやっぱりエイトの中心で。

 

へそ曲がり

「立ちはだかる困難に」ぐさっときた。ほんとに泣かせにきてる、セットリストが。元気が出るLIVEの本質が見え始める。ここの間奏、いつも安くんが煽るところ、「みんなで大倉って言おうぜー」『おおくらー!』にいつの間に仕込んだのか、服の中から大倉くんのうちわをのぞかせ「ここにいるよ」って。最初にうちわを出してきたのが安くんで、仲良しなんだなって。

 

がむしゃら行進曲

ここは横山さんが目の前だったからそれしか見てなかったんだ...。いつもの1列で、まるちゃんが大倉の位置に。シンメトリーを重視したのか、抜けた穴がぽっかりならないようになのか。ここの間奏のまるちゃんも、なんか言ってた気がするなあ。思い出せなくなってきたなあ。

 

前向きスクリーム

少しいつもより空いた隙間。横山さんと大倉くんのユニゾンのところで、いつもよりハッキリ聴こえる横山さんの声。1人だからって頑張ってるのもあるんだろうな、音声バランスもいつもと変えてるんだろうな、大倉くんの声って安定感あったな、と感じる大倉くんの穴。全然関係ないけど、ものすごく全力で踊る亮ちゃんにときめいた。珍しく安くんも振り間違えてたなあ。

 

モンじゃい·ビート

こっからみんなでうちわを持ち出して。横山さんは仰いですぐ手放したけど。完全にみんなが求めてたのは、いつものカメラにアップで出てくるところで大倉くんのうちわでしょ、と。あんた大倉くんの衣装着てるんだから、と、ね。横山さんの自分目立ちたいところ出ちゃってたなあ。それは置いといて、村上くんもすばるくんも、うちわ顔に当てて歌って、安くんと亮ちゃんと丸ちゃんもメインステージ戻るまでずっとちゃんと持っててほんと可愛かったなあ。村上くんもにっこり痩せ我慢のところはほんとにうまく使ったよね。花道のライトに立てかけて置いたとき、カメラさんがそれ越しに映してくれてたり、初日とは比べ物にならない連携っぷりだった。オーラスだからだろうし、大倉くんへの想いが一緒だからなんだろうな。

まるちゃん「ファイトだーオクラ(オレ)!」

 

村上くん挨拶

の前に、横山さんがドラムに座ってみたり。ちょっと叩いて「いつもこんなんしてるよな」って。村上くんに「技術はないですけど、ハートだけはあるんで」的なこと言われてて、ほんとにやるのかと思っちゃった。一応パーカスあなただけですからね。で、

村上くん挨拶

「大倉の分まで、バカになろうぜぇ~」

 

ふりむくわけにはいかないぜ

ギターソロからはじまり、加わる楽器。足りないドラムの音。埋めきれない大きすぎる穴だった。横山さんはタンバリンだし、まるちゃんのベースだけでは維持出来ないテンポ。会場中が大倉くんの音を求めていたと思う。「苦しむために生きないであなた自身を愛してくれ」大倉くん、聴こえてたかな。

 

LIFE~目の前の向こうへ~

ほんとに、セットリストが励ましてくれる、から泣ける。ここから、ドラム音が入るようになった。(最初は録音を流してるんだと思ってたけど、何曲か後に、後ろで叩いている方へのスポットライトに気付く。) いつもの大倉くんのCメロソロ、曲の始まったときからドキドキしてた。亮ちゃんなのは予想外だったけど、少しいつもと違う歌い方とか、大倉くん意識してるのかなって。まるちゃんに何があったのかは不明でした、かわいかったです。

 

すばるくんあおり

なんて言ってたかな、後で探して追加。ふたつ目からは、いつも通り、「もっと盛り上がれるって」「もっと騒げるって」とかだったかな。

 

言ったじゃないか

ここでたぶんドラムに違和感。でもまだ気付いてなかったと思う。目立つところは叩いてなかったのか、ビート刻むだけにしてたのか。この曲も始まったときから、台詞がどうなるんだろうしか考えられなくて。毎公演ちょっとずつでも変えてくる大倉くんだった分、毎回期待もしていたから。

すばるくん「元気が出るLIVEって言ったじゃないか

村上くん「腸閉塞になんてならないって

横山さん「昨日まで元気やったって

亮ちゃん「食べ過ぎたらおなかつまるって

丸ちゃん「言わんこっちゃなーい

亮ちゃんはそのあとも、神様や仏様をときどきおおくらにしてて大サビ前も「僕はどうしようもなく大倉が好き」…楽しそうな中でときおりドラムのところを振り返ってしまう前の4人はどんな気持ちだったんだろう…。

Heavenly Psycho

出だし、ちょうどセンステ花道の真横、延長線上だった私の席。いつもなら後ろで並ぶ3人が、横雛2人で。鳴りだす村上くんのピアノ、それに続く横山さんのトランペット。全然鳴らなかったね。大阪はいってから調子悪いとは聴いてたけど、大倉の分までやらなきゃって気合入っちゃってたんだろうな、トランペット教わった今となってはわかる、緊張で強張った口じゃ鳴らないよね。続いてはいるドラムの音が聴こえなくて。(たぶん場所的に他の楽器は生音が聴こえてる中で、ドラムは遠かったから上手く聴こえなかったんじゃないかと。友達と話してメインステージ側をみたら、ドラムにライトは当たってたので叩いてたと…)結局初日から最後まで落ち着いて聴けなかった曲でした。